赤堀元紀のブログ

誰もが夢を追い続けられる世界を創りたい 海外のサッカービッグクラブに学んだ学生が日々思ったことを書いています

自分が知ってる世界なんてチッポケ

こんばんわ。

 

お久しぶりの投稿となりました。

せっかく一週間プロジェクトで火が付いて継続できていたのにサボってしまったため振り出しに。

 

ボラが高いなー。。涙

 

やっぱり文章書くクセが付いてからは気づけば完璧主義の自分がでてきて、、

ついつい完璧な文を書こうとして投稿が遠ざかっていました。

 

クセってなかなか治らない。。。

 

でも文書かないと一向に伝える力が伸びないので書く書く書く

完璧主義は捨てて書く。

 

 

 

 

 

さーそんなこんなで今日の記事は

 

 

先日行ってきた知人の報告会に行って感じた事を。

 

 

この報告会は世界一寒い地域と言われる場所へ行った三人の体験をベースとした報告会。

 

テレビでもなかなか聞くことができないリアルの経験を聞かせて頂きました。

 

f:id:motokiakahori:20170613190629j:image

 

世界一寒いところに行ってきた

 

3人のメンバーはクラウドファンディングを経て、2月にロシアのサハ共和国という世界一寒い地域に行かれました。(ちなみに僕は人生初パトロンになりました。笑)

 

 

f:id:motokiakahori:20170611193738j:plain

 (入り口では マンタマンがお出迎え)

 

f:id:motokiakahori:20170611194451j:plain

f:id:motokiakahori:20170611193523j:image

報告会 

 

 

 会場からは世界観が伝わってきました。

 

 うおおおおおおああおロシアーーーーー!

 

 

ロシアって実際未知数で🇷🇺

 

僕はいつか行って見たいなーなんて思ってるのですが

 

 

この日の報告会で

 

よし!行こう!

 

 

と思いました!

 

 

 

僕の頭の中にあるロシアのイメージと現地を実際に見た人の声を聞いて

 

 

イメージしていたものが全くもって変わった。

 

偏見じゃないけど、元々ロシアになーんかいい印象を持てていなかった。


だって単なる広くて寒い国だし、みんな人として冷たそう。

正直そこまで行きたいとは思えないってイメージでした。

 

でも実際は 

 

イヤイヤ全くそんなことなんてない

 

無限に面白い国じゃん!!

 

人も街も!何でも! 

 

で、今回思ったのは

 

偏見って怖い

 

ってのと

 世界ってマジで広いんだなーって

 

なんか知識や情報を無駄に入れてるだけで何の経験もせず言ってるださい奴だオレ。。

 

自分の中の見えてる世界なんて狭い(メディアを通してしか知らないし)

 

これは勿体無いなーって

  

 

世界を旅行したいなーなんて思ったりもしたけど

 

そんな表面的なことだけではなく

 

 今まで踏み出したことのない場所・モノ・ヒトにはどんどん触れていきたい

 

いや、触れなきゃならん

 

 

報告会では「できないことなんて何も無い」

と言っている同年代の宮代くんの哲学がビンビン伝わって純粋に刺激を受けたわけです。。

 

 

自分も、もっと面白いコトやりたいなー!

 

せっかく生きている以上は

 

何もせず留まってばかりいるのではなく、

 

もっと自分の目で色んな景色を見たい!

 

そんな経験をしたいなーなんて感じました。

 

 

 いや~

 

 世界は広い

 

知識だけではなく経験でもっと色んなコトを知りたい。

 

まあだからって世界一周とかそういうことすればいいってもんじゃないけど

 

もっともっと色々と体感しないとなーーーー!って

 

そんなことを感じました!

 

 

今日はそんな感じです。

f:id:motokiakahori:20170613194453j:image

講演会でロシアのウォッカを頂く。

酔いがまわるまわる。

 

 

ps.先週から始まった一週間プロジェクトがいい感じに動き出してきたので、嬉しい。

一週間頑張れたらやる前に見えなかった景色が見えるよ~ってのを体感して欲しいな−。

 

宣言して達成したら成長実感を感じられる。自信がちょこっとつく。次もなんかやれるんじゃないかって思える。

 

もっと多くの人に一歩目踏み出して欲しいなー!

一歩目のキッカケは与えられる自信があるので。笑

 

 

連絡先はコチラ→motoki7124☆gmail.com

注)☆を@に変更して下さい。