赤堀元紀のブログ

誰もが夢を追い続けられる世界を創りたい 海外のサッカービッグクラブに学んだ学生が日々思ったことを書いています

辛くなった時にこそ支えてくれるものそれが、、

 

日々楽しいと思えることもあれば

辛いと思うこともある。

 

この辛い時に自分って結局何のために生きているのかって良く考える時期があった。(ちょっと哲学っぽいけどw)

 

で、自分は何度も折れそうになるときコイツがあることで支えられていた。

 

 

 

そうそれこそが

 

 

 

 

f:id:motokiakahori:20170609225451j:plain

 

小学校の時勉強が嫌いで、サッカーをしてる日々が幸せだった。

あの頃は朝、昼、晚と校庭でサッカー漬けだったな〜。

 

 

ああプロサッカー選手になるために毎日頑張っているんだって思えてね。

サッカー頑張って、Jリーガーになって、日本代表にまで上り詰めて有名になる。

 

今思えばかなり大雑把だけど、夢があったから嫌なことが多くてもやれた。

 

けど、中学生のある時に自ら夢を諦めてからの毎日は何のために日々暮らしているのかイマイチしっくり来なかった。

 

突然つまらなくなった。

ポカーンとね。

 

で、何が言いたいのかって言うと

 

 

の力って偉大だと思う。

 

日々に生きがいを与えてくれる。

 

自分に活力をもたらしてくれる。

 

ああ自分はコレのために生きているんだって実感できて。

 

を持っていれば辛いことがあった時、自分を見失いそうになってもいつもの自分にスッと舞い戻れる。

 

あ、そうそう、、

夢って必要なのって?人いると思うけど

 

 

3年前、祖父が無くなった時痛感した。

 

人は死んでしまえば諸行無常だってことを。

人生って以外にあっという間って事を。

 

どうせ死んでしまうんだからくらい持って毎日を生きるのが大切なんだって。

 

 

そうすれば、なんだかんだ毎日が辛くても楽しくなるし頑張れる。

 

あと、って別に大きなことでも小さなことでも良いと思ってる。

 

その人の本心で決めたことなら。

 

世界を変えるとか、毎日スタバに行くとか、美人と結婚するとかでも。笑

 

ただ本心で決めた”夢”で無くてはならない。

 

結局、夢を持って生きていかないと

 

恐らく後悔した人生を生きることになるんじゃないのかって最近思う。

 

僕なんて本心と向き合わずに居た中学から大学生までの5年くらいはホントつまらなかった。

何していいのか分からず、遊ぶことでしか紛らわせられ無くて。。

たまに鬱になってたな〜。

 

少しでもいいから本心で決めたを持って、毎日生きる人が増えたらいいな~って思います。

 

そんな人と夢を否定なんかしないで語り合って、いつか叶えて最幸の瞬間をそんな人達と分かちあいたいな〜って思います。

 

夢サロンやりたいな〜

 

みんなで刺激し合うコミュニティ。

 

f:id:motokiakahori:20170601165652j:plain

 そして、サッカー界を盛り上げようぜ!!

 

 

 

f:id:motokiakahori:20170609230440j:image

 

 f:id:motokiakahori:20170609230549j:image

 (Soccer Business Projectの活動の様子)

 

 

今日はそんな感じ!

 

 

理念「夢見る人に最幸の瞬間を与える」