赤堀元紀のブログ

海外のサッカービッグクラブに学んだ学生が日々思ったことを書いています

2年前そう言えばあることを悟った時のコト

From デニーズ、、

 

 f:id:motokiakahori:20170324201941j:image

 パンケーキを食らいながらブログをカタカタと更新中。

 

 デニーズのパンケーキ意外に美味し!!笑

デニーズは週2.3回通いつめてるのでデザート全種類制覇しようかな〜!

 

ちょくちょく写真載っけてきますね!笑

 

 

 

f:id:motokiakahori:20170324202426j:plain

 

 

二年前

 

僕の大好きなおじいちゃんが亡くなった。

 

「人間、死んでしまえば諸行無常

 

お葬式の最中に

 

 突然この言葉が胸に突き刺さったのを思い出す。

 

流れる涙と共に

 

なんだか悟った。

 

けど、忘れかけていた。

 

危ない。

 

人生なんてあっという間ってことじゃないか?

  

例えば僕の人生が80歳までだと仮定する。

 

今は22歳なので、あと58年しか生きれないことになる

 

時間で換算すると

 

1年→24時間×365日=8760時間

58年→8760時間×58年=508,080時間

 

約59万時間ほどだ。

 

どうだろう?

 

人によっては え?意外とあるじゃん

 

え?意外と無いじゃん

 

人それぞれ感じ方はあると思います。

 

ちなみに僕は

 

そんなもんかと思った。

と言うよりも、数字で見てみることで人生は無限では無いと感じた。そう。有限である。

 

約59万時間。590,000h

 

 

 

www.youtube.com

 

 ソフトバンク社長の孫さんがテレビを通じて伝えていたある言葉を思い出した。



「自分の夢も明確に持たずに自分の人生に対するビジョンも持たずに ただ生きていくために 給料をもらいにいく。 でも現状それしか仕方がないじゃんと言っている間に 人生はあっという間に終わる

 

この言葉を聞いた時にどれだけ若い時にを持てるのかが大事なのか痛感した。

 

てか、いつかいつかなんて言っている間に時間が過ぎ去り、あっという間に死ぬのではと思わせられた。

 

まあ夢は持ってるだけではなくもっと具体化して達成させなくてはなりませんが。

 

この動画見たことない人はぜひ一度見て欲しいです。5分も無いので。

 

何か感じることがあると思います。

 

 

と言うと大概の人は否定すると言うか、周りから笑われると言うか夢を持ちにくいように思うけど、、

 

孫さんの動画を見ていると間違いなくそんなことは言っていられなくなります。。

 

について思うんですよね。

 

小学生の頃って将来は〇〇になりたいって野望抱くじゃないですか?

 

例えば、「プロサッカー選手に絶対なる」とか。「パティシエになるとか」

 

けどけど、中学校入ると途端に「安定が〜」とか「どうせプロなんて飯食えないからやめとけ」とか現実的になりません?

 

自分の将来を現実的に実現しやすいと思える仕事や夢からしか考えなくなる。

 

僕も中学生の時このイノベーター理論に巻き込まれた人ですが、なんかもったいないと思う。

 

現実的になるのが人の可能性を大幅に狭めると思うんですよね。

 

思いません?

 

夢持っている意識高い系は居なくなれ。と言うか。排除されると言うか。

 

そんな風潮がどんどん人の可能生を消していく。

 

 

あ、ってそう言えば、

 

「夢を持つ人が増えれば増えるほど社会は豊かになる」ってLINE元代表取締役社長の森川さんの本に書いてあったな〜

 

ダントツにすごい人になる 日本が生き残るための人材論

ダントツにすごい人になる  日本が生き残るための人材論

何歳になっても挑戦し続ける森川さんは個人的に好きで、記事とか良く読んでます。

 

今は女性向け動画メディアC Channelを起業されている方です。

 

気になる方はぜひ本とか記事とか読んで頂きたいです。

 

何か感じることがあると思います。詳しくは知らない人はぜひ調べてくださいね。

 

森川さんについては 

 

成功してもそれを捨てて、どんどん世の中に新たなモノを生み出すために成功にすがりつくこと無く挑戦する所が純粋に驚きました。

 

「えーこんな人いるんだ!!( ゚д゚ )って」

 

普通だと成功を捨ててまで次のことやろうって思わなくないですか?

 

今度この本に関して今度記事にしようかと思います。

その時に詳しく書きますね。お楽しみにしてて下さい。

 

 

そんなこんなでふと思ったことについて書いてみました。