赤堀元紀のブログ

誰もが夢を追い続けられる世界を創りたい 海外のサッカービッグクラブに学んだ学生が日々思ったことを書いています

自問自答 そうして日々成長していく

こんばんわ。From 新宿デニー

 

 

f:id:motokiakahori:20170310143022j:plain

 

こちらは今サッカークラブの経営に関わっているチームの抽選会の会場での写真。

 

この会場の9.9割が社会人で正直居心地は良くなかったですが、今のクラブが成り立っているのは本当にこういった「地味なほどに地味なことでもご協力くださる人のお陰様で運営ができているんだ」と痛感。

今やれていることが”当たり前”にあると思っていてはいけないなと考えさせられました。

 

そしてその後は急ぎ足で、、

 

神保町へ

 

 

 

 昨日は同じ大学で2年の付き合いのある仲間の誕生日パーティーを。

 

f:id:motokiakahori:20170310140641j:plain

 準備中

 

f:id:motokiakahori:20170310140918j:plain

 

 

f:id:motokiakahori:20170310140902j:plain

 

f:id:motokiakahori:20170310140857j:plain

 

 

f:id:motokiakahori:20170310140836j:plain

 

f:id:motokiakahori:20170310144159j:plain

 

このあと皆の顔が彩られて、、(僕も被害受けました、、笑)

 

 

f:id:motokiakahori:20170310144113j:plain

 

 

こう見ると楽しそうですね。

いや~改めて人を祝うって良いですね。

 

誕生日って最高ですね。笑

1年に1度しかないから本当に大事。

 

 

さて、ココからは話は本題へ

 

自問自答した結果って何を!? 

 

簡単に言うと自分の理念が変わりました。

言葉自体は大幅に変わりましたが、軸としてはそんなに変わってません。

 

それが、、

 

 

 

 

 

 

 

 

↓コチラ↓

 

 

 

 

  

 

「夢見る人に最幸の瞬間を与える」 

 

 

f:id:motokiakahori:20170309134848j:plain

 

 

 

今までのは人に伝えてもなかなか伝わらないし、、

自分でも長すぎるし、あんまり分からなくなるしコレ、、orz

 

 

と思い正直悩んで居ました。

 

誰にも言えないし、、

 

ただひたすら考えに考え、

 

 

毎日なんだかスッキリできない  

 

いや~な ”もやもや” を抱えながら。

 

考えに考えを重ね

 

 本当の意味で”価値観”を明確化させました。

 

実際、夢見る人といっても幅は広いですが、

とにかく何かを追いかけ、夢見ている人 を応援したい

 

そこに人生の充実感を感じると思っているので。

 

 

それはもう

これからプロサッカー選手を夢見る子供

・世界を変えようとする起業家

・何かの道で頂点を目指している人

・スポーツクラブを支える情熱的なファン、サポーター

・新たな何かを求めて旅する旅人

・資格目指して頑張っている人

 

とにかく何かを追いかけ、夢見ている人 を応援したい

 

人が感動影響を受ける時で一番大きいのは、夢見ている人から放出されるパワーから伝染されていくのではと思っています。

 

そうやって伝染させてくれるパワーを持つ人を増やしたい。

 

 

何かを追いかけ、夢中になって活き活きする人が増えたら最高です。

 

逆に目指すもの、追いかけるものが無い人は反れてますね。

 

ぶっちゃけ何か追いかけるもの、目指すものが無ければ情熱は湧かないです。。

 

 

僕はサッカーと言うツールで

 

これからプロを目指す夢見る人や応援するサポーターに最幸の瞬間を味わって貰いたいと思っています。

 

 

 

 

そんな”何か”を追いかけている人にとって

「ああ、諦めずに追いかけ続けていて良かったな〜、幸せだなあ」なんて感じてもらえたら最高に幸せです。

 

 

 

最高+幸せ

 

最高ではなく

 

最幸

 

 

 

夢見る人   →何かを追いかけている人  

最幸の瞬間  →今までに無いくらいの幸せを感じられる瞬間を味わって欲しい

 

 なぜこういった思いに至ったのかは、僕自身の過去が大きく関わっています。

 

 

そう。自分の過去です。

 

 

自分の過去

 

この過去についてはまた、次回のブログに書いて行きたいと思います。

 

 

それでは。

 

「夢見る人に最幸の瞬間を与える」