赤堀元紀のブログ

海外のサッカービッグクラブに学んだ学生が日々思ったことを書いています

将来の働き方について考える

こんばんは。赤堀です。

 

f:id:motokiakahori:20161126122804j:plain

 

今回のテーマはズバリ

 

働き方について

 

 

 

なぜこの記事を書こうかと思ったかと言うと、、

 

29歳という若さでプロサッカー選手を引退をした中田英寿選手の記事を見ていて「なるほどな〜」と思ったので

 

記事はコチラ↓

 

引用元→lrandcom.com

 

遊びが仕事になる時代!? 

これは最近、良く聞くようになった話で

 

今の時代はどんな時代かと言うと、IT革命が起き、ロボット、テクノロジーが発達したことで今までに無いサービスや仕事がどんどん生み出される時代に。

 

何かが”生み出される”ということはその分、逆に無くなっていく仕事も。

人間ではなく、機械ができる”単純作業”とかは無くなっていくと言われている。

引用元→gendai.ismedia.jp

 

ちょっと前ならスマホなんて無かったし、ゲームをすることで人を喜ばせてお金を稼ぐようなYou Tuberなんて職業は無かった。

ちょっと前なら考えられなかったことが、どんどん”生まれて”来ている時代が今。

 

スマホでポチッと押せば買い物も気軽にできるし(例えば服とか本とかバスの予約とか)

 

最近ならSuicaスマホで改札を通れるので、スマホ一つで出かけることが可能になった。

 

なんて便利な時代なのか。

 

そう。”便利な時代”になったということは

今までなら労働に時間を取られていたものから、”余暇時間”が生まれ、その分”遊び”の時間に充てることが可能になる。

 

”成長社会”から”成熟社会”

戦後以降の日本はひたすらモノを作れば売れたため働きまくる(便利なモノを求める人は多い時代)

 

そこからモノに溢れ、モノを求める人の数が減っていくに連れ、”労働重視”というよりも、もっと”余暇時間”を味わう方向へシフトし始めているのが日本。

 

 

これからの時代”好きなことを”仕事にしないのはもったいない!?

好きなことを徹底的に極めて”遊び”がいつの間にか”仕事”になるような代表例のYou Tuberが生まれてきたのも納得出来ます。

 

楽しそうだもんな〜。笑

 

「好きな事を仕事にして生きていくなんて無理でしょ?」という人は置いておいて、

 

僕の考え方としては”好きなこと”を仕事にしながら生きて生きたいと改めて思った。

 

コレが究極の”遊びながら生きて行くこと”では無いのかなと。

人によって考え方はあると思うのでコレは僕の主観ですが、生きるために嫌な仕事をしていくコトは嫌だなと思ってます。

 

遊び×遊びで何か面白いことを生み出して行きたいですね〜
何かそういったものが生み出されるコミュニティーとか創りたいですね。

 

スポーツ×〇〇とかは無限にできると思うけどな〜

 

 ちなみにサッカー×エンタメの構想は今あります。

 何か面白い意見あったらぜひ。笑

 

 

 ではまた。