赤堀元紀のブログ

誰もが夢を追い続けられる世界を創りたい 海外のサッカービッグクラブに学んだ学生が日々思ったことを書いています

嫌でも動け動け動かせ!そうすると見えてくるものがあった

From 自宅、、

 

またまた二日ぶりの更新。。

 

最近運動してないからたまに夜中にランニングをするんだけど、昨日は珍しく火がついて二時間くらい?走ってた。

 

 

 

 

f:id:motokiakahori:20170316225715j:image

 

新しい景色とか行ったことない道を行くのが好きで気がつけばハマってました。

ワクワクするんですよね。

 

この感覚分かる人いますかね?笑

 

もはや運動というよりも好奇心を満たしてるみたいな。

 

f:id:motokiakahori:20170316225714j:image

 

 (昨日の夜ランニングをしていた時にふと撮った写真。)

 

場所は三軒茶屋。三茶の飲み屋街。

 

初めて来たけどこんなに好奇心が湧く場所とは思ってもいなかった。

 

昔からある老舗感満載のお店から、高級志向のお店まで色んなコンセプトのお店が立ち並んでいた。

 

これは今度飲みに来たいと思う。

 

続きを読む

守るべきものは守ろうよ。と思った今日この頃

From 家、、

さあ、2日もブログの更新をサボってしまった、、

一度書かなくなるともう書く気がなかなか起きなくなってしまう。

 

習慣化するにはやはり壁が高い。

 

 書きやすいように、写真付きで過去を遡って行きます。。

質が低くてごめんなさい。

 

3/12(土)のこと

7時にいつもおなじみのメンバーとの朝活を約束していたのだが、、

 

寝坊、、orz

 

 

ごめんなさい。。

 

f:id:motokiakahori:20170314162651j:image

東新宿マックより。 

二人は未来の希望あるクリエイターに適切な価値を評価される社会を作るために活動している。

(あ、シェアハウスの設立も視野に入れているみたいです。)

 

2人とつるんでいて知った事実なのですが社会的価値あるクリエイターは相当の評価がされない世界みたいです。。

低賃金、重労働は当たり前。なんとも言えない世界です。

 

「そんな世界を変えたい」という話を聞いていると物凄く”熱さ”が伝わって来ます。

二人にはクリエイターのライフスタイルを本気で救って欲しいと思う。

ぼくも負けてられないな。

 

いや〜やっぱり夢がある人たちって楽しいなー。

 

自分の夢、そんなに簡単に

諦められるかって話でしょ。

 - 本田圭佑 -

これは本田圭佑の名言です。

この言葉には本田圭佑の今までの生き様が現れていて頭に残る残る。
ミランの10番背負っている彼の生き様がカッコイイ。

 

3/13(日)のこと

 

初めて東川口駅へ。遠いな〜笑

この日は運営しているサッカークラブの関係で来ました。

 f:id:motokiakahori:20170314163504j:image

 

 

f:id:motokiakahori:20170314163547j:image

 選手たち。

 9時集合と朝早くにもかかわらずみんな時間通りの集合。優等生。

 

しかし、運営の佐◯くんは遅刻。。w

 

f:id:motokiakahori:20170314163559j:image

 対戦相手を見ていて感じたこと。

社会人サッカーはとにかくプレーが荒い。。

 

 

ボールを持っている選手にスグに手をだし、倒れ込ませる。

 

サッカー

 

というよりも

 

暴力でストレス発散してるんじゃないかと思えてしまった。。

 

もっと楽しく気持ちよくサッカーできないのかな?

 

もちろん激しさは大事だと思うけどさ。

 

 

その後は渋谷へ。

 

初めて6時間ほど篭って作業。

イベントのためのプレゼン資料をひたすら作りに作る。

 

いや長すぎだw

 f:id:motokiakahori:20170314193109j:image

 

やらなければいけないこと

 

を溜め込みすぎて苦しむ羽目に、、

 

 

自分の悪い所が露呈。

 

 

 もっと長期的にこなせないと、この先ホント苦しむなー。

 

そんなこんなで頑張ろう。

 

自問自答 そうして日々成長していく 続き

from 東新宿マック。。   

 

 f:id:motokiakahori:20170311091334j:image

男臭いですねー。。笑 

 

 

 

これは今メインとなって活動しているプロジェクトメンバーの後輩とデニーズでMTGを。

 

彼らは本当に素直で、これからに期待が持てるメンバー。

僕も追いつかれないというよりも、もっともっと先を走って行かなくては。

 

彼らのサッカーに対する想いには「自分も毎回頑張らないと」なんて思わされます。

 

将来は一緒にサッカークラブの経営をする仲間なので、今は本当に微々たることしかできないけど、未来の事を想像するとワクワクしてくるんですよね。

 

 

サッカー×地域活性化

 

地道に頑張ろう。

 

 

そして今日は3.11から6年が経過。

 

当時は高校1年生の時。

 

家で暇しながら映画を見ていたっけな。
そんな時に突然地震が来て、テレビにチャンネルをポチッと切り替えると、、

 

津波報道が。

 

その時はまさかあんなに町を襲うまでとは想像もできなかった。

 

 

その津波報道から30分後くらいに衝撃的な映像が脳裏に。。

 

 

 

 

 

あれから多くの人が犠牲になった。

もしかしたら自分も巻き込まれて居たかもしれない。なんて考えると

他人事にはしてられないとは思う。

 

けど、時が経つと忘れがちになり、他人事にしてしまうのも事実。

 

自分にできることは何?って考えて見ると、、

 

 

日々何ごとも無く生きれていることに喜びを感じて犠牲になった人の分も頑張るしかないなと。

 

 悔しいけどそれしか今の自分はできない。。

 

 

 

さてそんな感じで今日の本題へ

 

今日は昨日の続きの事を。

 

f:id:motokiakahori:20170309134848j:plain

「夢見る人に最幸の瞬間を与える」

 

なぜこの理念に行き当たったのか?

 

 

これには僕自身の過去が大きく影響しています。

 

地元のサッカークラブの松本山雅浪人期

 

松本山雅

当時高校3年生の時に長野県にようやくプロチームが誕生。

 

スターも資金も無い、単なる田舎のチーム。

 

でも、物凄く応援している人は多い。そうサポーターがとにっかく多い。

 

松本市の人口は約24万人。
東京都港区の人口とほぼおなじくらい。

 

23区のうちの1区にしか匹敵しないレベルの街。

 

 それなのに2万人収容のスタジアムに1万3000人は来る。
多い時は去年が1万9000人入ってた。

 

このヒトを惹きつけるパワーに思わず感動した。身体が震えた。

日々の辛いことを忘れられるくらい楽しかった。

全力で一つのに向かって夢中になる選手サポーターの生み出す空間が。

 

f:id:motokiakahori:20170311223217j:image

 

 f:id:motokiakahori:20170311224006j:image

 

この時にこんな世界観作りたいなーとなんとなくサッカークラブの経営者を目指してはじめました。

 

 

浪人期

 

 

僕は偏差値がかなり低かった。

 

浪人当初なんて国語が28でした。

 

本当に辛かった。古文の厳しいおばちゃんに毎回詰められ。どうせまたどこも受かんねーな。。なんて吐きたくなるくらい詰む日々。(何で浪人したんだろう?って死ぬほど考えた)

国語だけではないけど、とにかく勉強が大っ嫌いでした。

 

そんな時に救われたのが、共に第一志望大合格に向けて頑張る仲間の存在があった。

 

この仲間といる時はなんだか頑張れた。

 

何度も救われた。その存在に。

 

f:id:motokiakahori:20170311223006j:plain

 

 

実際受験は僕だけ志望通りに上手くはいかなかったけど、人生で初めての努力で夢見る楽しさを知れた。それと同時に叶えられない悔しさも味わった。。

 

夢見ることは実際楽しい。 (あ、実現させるのが最も大事ですよ)

 

夢見る人と一緒にいると辛さが忘れられる。

 

単純に何かを目指している人って輝いて見える。カッコイイ。

 

f:id:motokiakahori:20170311215309j:plain

 

1.将来学校の先生になって数多くの子供に勉強の楽しさを教えたいと言っている人

2.目標も無くなんとなく過ごしている人

 

 

何か目標があって目指すものがある人ない人どっちが良いですか?

 

自分に圧倒的にパワーが漲るのは1の人と関わったときでは?

 

僕は、そんなパワーを持つ人が好きです。

そんな人といると本当に楽しいし、単純に応援したくなる。 

 

パワーには色々とあると思いますが、、

 

僕の考えでは何か達成したいもののために夢中になって頑張っている人のイメージです。

 

サッカー選手で例えると夢を追いかける子供のために頑張る本田圭佑選手とか。

サッカークラブで言うと、日々優勝や昇格目指して毎週応援に駆けつけるサポーターとか。

 

 

みんなで迎えたい!

 

最幸の瞬間を!! 

 

それを

 

サッカー×地域活性化

で、街を活性化し、夢見る人が輝き、関わる人が本当に楽しめる幸せの瞬間に貢献したい!!!

 

 

 

それこそが最幸の瞬間だ!みんなで幸せを噛み締めれたら最高じゃないか!

 

 

そういった何かに夢中になる人に最幸の瞬間を迎えるサポートをしたい!

 

さー頑張ろうこれからも!!

 


ではまた。

 

サッカー×地域活性化 

「夢見る人に最幸の瞬間を与える」 

自問自答 そうして日々成長していく

こんばんわ。From 新宿デニー

 

 

f:id:motokiakahori:20170310143022j:plain

 

こちらは今サッカークラブの経営に関わっているチームの抽選会の会場での写真。

 

この会場の9.9割が社会人で正直居心地は良くなかったですが、今のクラブが成り立っているのは本当にこういった「地味なほどに地味なことでもご協力くださる人のお陰様で運営ができているんだ」と痛感。

今やれていることが”当たり前”にあると思っていてはいけないなと考えさせられました。

 

そしてその後は急ぎ足で、、

 

神保町へ

 

 

 

 昨日は同じ大学で2年の付き合いのある仲間の誕生日パーティーを。

 

f:id:motokiakahori:20170310140641j:plain

 準備中

 

f:id:motokiakahori:20170310140918j:plain

 

 

f:id:motokiakahori:20170310140902j:plain

 

f:id:motokiakahori:20170310140857j:plain

 

 

f:id:motokiakahori:20170310140836j:plain

 

f:id:motokiakahori:20170310144159j:plain

 

このあと皆の顔が彩られて、、(僕も被害受けました、、笑)

 

 

f:id:motokiakahori:20170310144113j:plain

 

 

こう見ると楽しそうですね。

いや~改めて人を祝うって良いですね。

 

誕生日って最高ですね。笑

1年に1度しかないから本当に大事。

 

 

さて、ココからは話は本題へ

 

自問自答した結果って何を!? 

 

簡単に言うと自分の理念が変わりました。

言葉自体は大幅に変わりましたが、軸としてはそんなに変わってません。

 

それが、、

 

 

 

 

 

 

 

 

↓コチラ↓

 

 

 

 

  

 

「夢見る人に最幸の瞬間を与える」 

 

 

f:id:motokiakahori:20170309134848j:plain

 

 

 

今までのは人に伝えてもなかなか伝わらないし、、

自分でも長すぎるし、あんまり分からなくなるしコレ、、orz

 

 

と思い正直悩んで居ました。

 

誰にも言えないし、、

 

ただひたすら考えに考え、

 

 

毎日なんだかスッキリできない  

 

いや~な ”もやもや” を抱えながら。

 

考えに考えを重ね

 

 本当の意味で”価値観”を明確化させました。

 

実際、夢見る人といっても幅は広いですが、

とにかく何かを追いかけ、夢見ている人 を応援したい

 

そこに人生の充実感を感じると思っているので。

 

 

それはもう

これからプロサッカー選手を夢見る子供

・世界を変えようとする起業家

・何かの道で頂点を目指している人

・スポーツクラブを支える情熱的なファン、サポーター

・新たな何かを求めて旅する旅人

・資格目指して頑張っている人

 

とにかく何かを追いかけ、夢見ている人 を応援したい

 

人が感動影響を受ける時で一番大きいのは、夢見ている人から放出されるパワーから伝染されていくのではと思っています。

 

そうやって伝染させてくれるパワーを持つ人を増やしたい。

 

 

何かを追いかけ、夢中になって活き活きする人が増えたら最高です。

 

逆に目指すもの、追いかけるものが無い人は反れてますね。

 

ぶっちゃけ何か追いかけるもの、目指すものが無ければ情熱は湧かないです。。

 

 

僕はサッカーと言うツールで

 

これからプロを目指す夢見る人や応援するサポーターに最幸の瞬間を味わって貰いたいと思っています。

 

 

 

 

そんな”何か”を追いかけている人にとって

「ああ、諦めずに追いかけ続けていて良かったな〜、幸せだなあ」なんて感じてもらえたら最高に幸せです。

 

 

 

最高+幸せ

 

最高ではなく

 

最幸

 

 

 

夢見る人   →何かを追いかけている人  

最幸の瞬間  →今までに無いくらいの幸せを感じられる瞬間を味わって欲しい

 

 なぜこういった思いに至ったのかは、僕自身の過去が大きく関わっています。

 

 

そう。自分の過去です。

 

 

自分の過去

 

この過去についてはまた、次回のブログに書いて行きたいと思います。

 

 

それでは。

 

「夢見る人に最幸の瞬間を与える」